単純ながらハマれる人気カジノゲームのブラックジャック

カジノゲームの中でもブラックジャックは
バカラやルーレットと並び、人気のカードゲーム。

そのルールはとてもシンプルで、ディーラーから配られる
カードの合計を21を超えないように近づける事のみ。

出目が21になると“ブラックジャック”という役になり、
ゲームの中で一番の強さとなり、配当金もアップします!

『ジャック・クイーン・キング』と言った絵札はすべて「10」と数え、
Aは1か11の任意の数字を選択できます。

単純なゲームながら実際に賭けてみると意外にもアツく、ハマってしまう事必至です!

このページの主な内容

このページでは、そんなオンラインカジノのブラックジャックについて、
以下の内容で解説していきます。

  • ブラックジャックの概要
  • ブラックジャックの基本ルールと用語集
  • ブラックジャックの攻略法その1・基本戦術
  • ブラックジャックの攻略法その2・ベーシックストラテジー
  • いろんな種類のブラックジャックと楽しめるサイトは?

ブラックジャックはプレイヤー有利の稼げるゲーム

ブラックジャックはプレイヤー有利の稼げるゲーム

ブラックジャックでプレイヤーが有利になる理由には、

ディーラーがブラックジャックである21の出目で勝っても支払う金額はベット額のみ

という点があります。

プレイヤーが21の出目で勝利した場合は1.5倍の金額になるので
こうした点から見てもブラックジャックは“勝てるカジノゲーム”の一種と言えます。

ブラックジャックの基本ルールと用語集

ゲームの流れ

初めにプレイヤーに2枚配布し、ディーラーは1枚のカードを場に公開
プレイヤーは21を超えるまで、任意で何枚でもカードを追加(ヒット)可能

プレイヤーは21を超えるまで、任意で何枚でもカードを追加(ヒット)可能

ディーラーが公表したカードを「アップカード」といい、
その出目によってプレイヤーは頭を悩ませる事になります。

ディーラーは17を越えるまでヒットし続けなければならず、
17を越えるとヒットできません。

アップカードがもしも「A」だったなら。
10以上のカードを引かれるとディーラーがブラックジャックとなり
プレイヤー側の敗北が濃厚になってしまいますよね。

その場合は「インシュランス」という保険を賭ける事もできます。

詳しい用語集は以下にまとめてみましたので、どうぞ参考にしてみてください!

必要な用語集

ブラックジャックの攻略に必要な用語をまとめてみました。
これさえ知れば、間違いなくゲームを楽しめる事でしょう。
項目は名前順になります。

アップカード(up card)

ゲーム開始時にディーラーが場に公表するカード。

インシュランス(insurance)

アップカードが「A」の時にのみ選択できる、いわば”保険”。

この場合、ディーラーが10以上のカードを引くとナチュラル21になり
プレイヤーが負ける確率は上昇しますが、賭け金の半分を追加ベットする事で
ディーラーがナチュラル21の場合にのみベット額がそのまま返還される仕組みになります。

21以外の出目だった場合、追加ベット分の金額はそのまま没収されるため
どちらかと言うとプレイヤー不利のルールになるため、基本的には選択されません。

サレンダー(surrender)

ゲームを降りる事です。最初に配られた2枚のカードから推測して
勝てないと判断した場合、降りる事によりベット額の半分、2分の1の支払いに留める事ができます。

ステイ、スタンド(stay, stand)

追加カードを選択しない事を言います。別の意味合いで言うと「ストップ」とも取れますね。

スティッフ(stiff)

出目が12~16、ヒットすればバーストしてしまう可能性のある状態の事を言います。

スプリット(split)

初めに配られたプレイヤーのカードが同じ数字だった場合に選択できるオプションです。
2枚のカードを分けて、それぞれにベットして勝負する事になります。

こちらを選択するとそれぞれに追加カードが更に1枚ずつ、計2枚配られる事になり、
それぞれにダブルを選択する事も可能です。

ソフトハンド(softhand)

Aを11として考えた場合の手。

ダブルダウン(double down)

1枚目の追加カードをヒットをする時に選択できます。

ダブルを要請すると、2枚目以降の追加カードは引く事ができなくなりますが、
その代わり追加でベットする事が可能になります。

ハードハンド(hardhand)

Aを含まないかAを1として数えた場合の手。

バースト(bust)

カードの合計が「21」を超えて22~になってしまった場合の事。

ヒット(hit)

追加カードを要請する事です。21を超えなければ、プレイヤーは何度でもヒットできます。

プッシュ(push)

プレイヤーとディーラーの出目が同数になった場合、要するに「引き分け」の事です。
ベット額はそのまま返還されます。

ブラックジャック(blackjack)

カードの出目が「21」になる、最強の役になります。

ブラックジャックの攻略法その1・基本戦術

時には直感に頼ったり、何も考えずにプレイする事も楽しみの一つかもしれませんが
勝率を上げるために必要な基本戦略がブラックジャックには確立されています。

なので最低限これだけは身に付け、実践したいものをリストアップしました。

場に見えていないカードは「10」だと考える

伏せられた状態にあるカードの中で一番枚数が多いのは「10」のカードです。
10、A、J、Q、K、これらすべて10とカウントされるためです。

インシュランスは行わない

インシュランスの確率は13分の4。
つまり、10である確率は基本的に低いのです。

そして、運良く的中したとしても結果はプラマイ0。
インシュランスで的中してもブラックジャックの勝負では負けているから。

とにかくインシュランスに関しては、プレイヤー不利なので
おこないわ無いことを前提にすることをおすすめします。

8とAはスプリットで配当の倍増を狙う!

スプリットはアップカードの数字によってする、しないに分けられますが、
8,8とA,Aだけは無条件でスプリットすべき状態にあります。

特にAの場合、無条件でスプリットすべきです。
あわよくば二つのブラックジャックで大勝ちする事だって狙えますしね!

ヒットすべきかスタンドか?状況別判断

ハードハンド時の状況別判断アップカードが7以上の場合は、17以上になるまでヒットする。
アップカードが2以下の場合で12以上に手になった時点でスタンドする。

ソフトハンド時の状況別判断自分の手がソフトハンドで17以下の場合はヒットする。
18以上の出目になったらスタンドする。

最低限の戦略はこれくらいです。
これがいわゆるブラックジャックの基本戦術となるのです。

次は、ベーシックストラテジーの解説をしていきます。

ブラックジャックの攻略法その2・ベーシックストラテジー

(クリックで別ウインドウ表示)

アップカードの数字が「~」だった場合、選択する行動は「~」である。

と、そのような事が早見表となっているものを「ベーシックストラテジー」と言います。
ブラックジャックを突き詰めれば万人がこちらの攻略法を選択する事でしょう。

読み方は、縦軸があなたの合計数字で、
横軸がディーラーのアップカードを示したもの。

アルファベットはそれぞれプレイヤーのアクションを示します。
「H=ヒット」「D=ダブルダウン」「S=サレンダー」

画像で例えると、あなたの手札の合計が「9」であり、
ディーラーのアップカードが「10」だった場合。

表を見ると「H」とあるので「ヒットする」、という事になります。

最初はこの表を見ながら自分のペースでやってみてください。
「ベーシックストラテジー」と検索すれば、印刷できるような画像もあるはずです。

オンラインカジノのブラックジャックでは、
この表を見ながらプレイできるのも、
プレイヤー有利といわれる所以かもしれません。

実際のカジノでは禁止ですからね(笑)

いろんな種類のブラックジャックと楽しめるサイトは?

何事もそうだと思いますが、最終的には

そのゲームが楽しめるかどうか

ですよね。
いくら稼げてもつまらない事をやり続ける事は苦になるばかりです。

(クリックで公式サイトへ)

こちらのドリームカジノならば合計で100種類以上のゲームがあり
ブラックジャック一つを見てみても複数の種類が存在します。
まず飽きる事はないでしょう。

さらに無料ゲームに関しては登録&ダウンロードが不要です。
フラッシュ版でのカジノゲームですので、
今すぐにオンラインカジノのブラックジャックが試せます!

細かいマイナールールは異なれど、そのゲームがブラックジャックを名乗っていれば
解説したルールや戦略は全て同一のものになります。

まずは基本から、そして徐々に手広くプレイしていく事が成長の鍵となり
稼ぐ事、勝つ事に繋がっていくことでしょう!

まずは始める事からスタートです( ´∀`)bグッ!

Comments are closed.