オンラインカジノを始めようとすると、まず大体の人が
つまずいてしまうのが「入出金関連」の事ですよね。

オンラインカジノに興味があって、いざプレイしようと

サイト内の説明文を読んでみても、

入出金方法がややこしかったり・・・

サービスそのものが日本語ではないものを
利用していたり・・・

と・・、なんだか初心者にはハードルが高いように思ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここでは初めての人でも簡単に出来る入出金方法
わかりやすくまとめてみたいと思います。

まず大きく分けてオンラインカジノへの入出金の方法は大きく4種類に分かれます。

  • 銀行振り込み
  • 国際郵便為替
  • クレジットカード
  • 決済代行サービス

のいずれかになるかと思います。

それぞれ長所と短所があるので、自分にあった方法を選択したいものですね。

ここでは個人的におすすめの入出金方法を紹介したいと思います。

クレジットカード

クレジットカードを利用してオンラインカジノサイトに直接送金するという、
一番簡単な方法です。
その上クレジットカードでの入金はほぼリアルタイムで行われるので、
入金完了が終わるまでかなり早いのが最大のメリットです。

ただし日本国内から送金する場合には注意が必要で、
「日系信販会社」のクレジットカード、JCBやORICOなどに関しては
直接送金するのはかなり難しかったりします。


逆に外資系のクレジットカード・・・
VISAやMASTERなどの海外企業のクレジットカードは
入金出来る可能性が高いと言われています。

日系企業に関しては、信販会社の企業倫理が厳しいので
ギャンブルに対してのクレジットカードの利用が難しいようです。

決済代行サービス

neteller

決済代行サービスというのは簡単に説明すると
「ちょっと面倒臭い入出金を手助けするよ」というサービスです。

例えば・・・

提携しているオンラインカジノに入金する時に、
銀行振り込みの場合や国際郵便為替の場合
送金依頼書を記入しなければいけません。

しかし決済代行サービスを利用する事で、一時的にお金を預けて
そこからオンラインカジノへと入金する事になります。

一見手間が増えますが、例えばオンラインカジノサイトを複数利用する場合に
銀行振り込みだと「入金する度に」送金依頼書が必要になります。

しかし決済代行サービスを利用した場合、一度まとめて決済代行サービスに
入金をすると、そこからはネット上の操作で入金する事が出来ます。

出金も同じように、お金の流れをまとめる事が出来るので
複数のオンラインカジノを掛け持ちしている人にはオススメです。

大体はオンラインカジノ公式サイトの下の方に提携している
代行サービスのロゴやバナー画像が挿入されています。

という感じで入っています。
ドリームカジノというサイトなんですが、こちらのサイトは左から

  • NETTELER
  • Skrill(旧moneybookers)
  • Click2Pay

という三種類のサービスを利用する事が出来るようですね。


と、ちょっと端折ってしまいましたが、
上記の「クレジットカード」・「決済代行サービス」の2種類が主な方法となります。

他の方法として、「銀行振り込み」と「国際郵便為替」もありますが、
オススメ出来ない理由として、「2~4週間ほど時間が掛かる」という致命的な難点があります。

日本から海外への直接送金はまだまだ難しい事が多いので、
上手にクレジットカードや決済代行サービスを利用して素早く入出金したいものですね。


さて今までで気づいた人も居られたかと思いますが、
実はクレジットカードで直接した場合、「出金する方法」がありませんね?

実は直接入金した場合というのは、現状決済代行サービスか小切手での出金などのみで
クレジットカードに入金する事が出来ません。

一応過去には「クレジットバック」といって借入金分は打ち消す事が出来たのですが、
今現在では殆ど出来なくなってしまっています。

なので、よっぽどの急ぎでも無い限りは「決済代行サービス」を利用するのが
正解なんじゃないかと考えています。

実際にオンラインカジノへ入金出来るクレジットカードだと、決済サービスに
入金出来る確率はかなり高い為に、オンラインカジノに直接入金してしまうより
一度決済代行サービスを通した方が便利に利用が出来るんです。

個人的にですが、この方法が一番オススメですよ!


さて、実際にネッテラーを使ってオンラインカジノへ入金してみましょう。
画像で出来るだけ分かりやすく説明したいと思います。

まずNETELLERにアクセスしてみましょう。

neteller

ネッテラーのページトップに入ると、「サインアップ」のボタンをクリック。

neteller 2

移動すると、口座開設の為に必要なメールアドレスと国を指定します。
Eメールアドレスを間違えて登録すると後で面倒なので、確認しておきましょう。

希望する口座の通貨」は「米ドル(USD)」を選択しましょう。
ここで利用するオンラインカジノの通貨と違う通貨で登録をすると、
入出金の度に「為替手数料」が掛かってしまいます。

殆ど米ドルを利用する事になると思いますので、注意しておきましょう。

メールアドレスの登録が終わると、次は「住所」の登録になります。
ここでは記入はすべて「ローマ字」になります。

一部ドロップダウンについては日本語表記になっているので
「セキュリティ設問」も間違えないように気をつけてください。

次へ行くとセキュリティ設問を最終確認されます。
この時に僕と同じように「スクリーンショット」を撮って残しておくと忘れても大丈夫です。
※WindowsならAlt+PrintScreen、MacならCommand + Shift + 3で撮れます。

無事登録が終わると「口座ID」と「セキュアID」が発行されますので、
これもスクリーンショットで保存しておく方がいいかと思います。

ここまででNETELLERへの登録は無事完了です、お疲れ様でした。


NETELLERに無事ログインすると、トップ画面左側にサイドバーが表示されます。
画像の通り、画面左側の白いくりぬき部分から入金出来ます。

NETELLERへ入金をしなければならないのですが・・・
入金方法が4種類ほどあります。

  • VISAカード
  • MASTERカード
  • Maestroカード
  • 銀行振り込み

上記の4種類いずれかから選んで入金が出来ます。

この画面からのオススメはクレジットカードでの入金です。
しかし・・・実はNETELLERには更に便利な機能がついています。

NETELLER独自の「Net+(ネットプラス)」というカードを作る事が出来ます。

これは「デビットカード」と言われるもので、日本ではあまり馴染み無いものですが
入金した額だけ利用出来るクレジットカード」みたいなものです。

Net+カードはVisaと契約を結んでいるので、このデビットカードを利用すると
街中にあるコンビニのATMなどでも入出金をする事が出来ます。


さて入金するだけではお金が減る一方なので、出金したいのですが・・・
オンラインカジノで稼いだお金をNETELLERから出す時には、若干ですが手間がかかります。

本人確認」をしないと、お金を引き出す事が出来ません。
日本ではネット関連の入出金は本人確認は必要ありませんが、
海外のサービスでは大体出金の際に本人確認を取られる事が殆どです。

画像のようにサイドバーから「口座」をクリックすると、
本人確認の項目が出てきますので、「認証」をクリック。

海外にFAXを送らなくても、画像形式での確認が可能です。
実際に使用出来る本人確認は

  • パスポート
  • 住民票
  • 運転免許書
  • 永住資格カード
  • ビザ
  • その他、住所が確認出来る書類

のどれかで認証する事が出来ます。
携帯電話のカメラで両面撮影してそのまま添付しましょう。

6番目のその他に関しては、通らない場合もあるので
運転免許書か住民票を送付した方がいいかと思います。


さて、NETELLERの口座は作れましたでしょうか?
次は「NETELLERからオンラインカジノへ入金する手順」を紹介したいと思います。

オンラインカジノに入金する場合には、「オンラインカジノ側」からの操作になります。
お使いのオンラインカジノへ行き「キャッシャー」というボタンをクリックします。

(クリックで拡大)

NETELLERの口座番号と入金金額を入力すると、
すぐにオンラインカジノの口座にお金が振り込まれます。

逆にオンラインカジノからの出金の場合にも、この画面からすぐに出金が出来ます。
一度登録すると便利に利用が出来るので、オススメですよ。

ただしオンラインカジノからの出金をする時に、
身分証明書」の提示を求められる事があります。

例として、先程のドリームカジノでは「免許書・保険証・パスポート」のいずれか
を提出すると出金する事が出来ます。

こちらも先ほど撮影した画像を添付すると大丈夫です。
ただし表面に現住所が記載されていない
保険証とパスポート」に限り公共料金の明細書も撮影添付しなければいけません。

さらに詳しい詳細は、
ドリームカジノの入出金解説ページをご参考下さい!

さて、ちょっと長くなりましたが以上のようにすると
少しの手間で入出金をスピーディに済ませる事が出来る上に
手数料の面でも非常に有利にすすめる事が出来ます。

オンラインカジノをプレイする際には、NETELLERを使う事をオススメしますよ!

Comments are closed.